お悩み別

こんな歯並びでお悩みではありませんか?

患者様によって歯のお悩みはさまざまです。ここでは「歯がガタガタ」「前歯が出ている」など、よくある歯並びのお悩みをご紹介します。

叢生(そうせい)

歯が重なり合ったり、デコボコに並んだりした状態です。八重歯が飛び出ているケースが多くみられます。顎に対して歯が大きいことが主な原因です。歯並びがガタガタだとケアしにくいため、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

出っ歯(上顎前突)

上顎の前歯や上顎全体が前に出た状態です。「上顎が大きい」「下顎が小さい」「歯が前に出ている」など、さまざまなケースがあります。出っ歯は見た目が悪いだけでなく、お口の中が乾燥しやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクを高める場合があります。

受け口(下顎前突)

上顎よりも下顎が前に出ていたり、咬み合わせた時に、上顎の歯列を下顎の歯列が押さえつけたりしている状態です。受け口の場合、奥歯だけで咬んで過度な負担がかかってしまうことがあるので、注意が必要です。

すきっ歯(正中離開・空隙歯列)

歯と歯の間に隙間がある状態です。食べかすが詰まりやすくなったり、歯石が付着しやすくなったりするので、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。すきっ歯は矯正以外にも、クラウン(被せ物)やラミネートベニア(歯を削ってセラミックの板を張り付ける方法)でも治療することが可能です。

「定期検診を受けているから安心」とは限りません

矯正治療をおこなっている歯科医院でも診てもらいましょう

一見きれいに並んでいるように見えても、問題が隠れている歯並びもあります。子供の時にそうした歯並びが発見されず、そのまま大人になってしまうと、抜歯をともなう矯正が必要になるケースもあります。

 

「子供には定期検診を受けさせているから大丈夫」とお考えの親御様もおられるかと思いますが、そうとは限りません。一般の歯科医院の定期検診では、主に虫歯の有無がチェックされるので、分かりにくい歯並びの悪さは意外に見逃されがちです。また、お口を開けた状態で口腔内をチェックするので、骨格的な問題なども見逃されてしまうことがあります。このような理由から、一般の歯科医院での定期検診だけでなく、矯正治療をおこなっている歯科医院でも診てもらうことをおすすめします。

 

当院では、日本矯正歯科学会認定医である院長が、お子様の分かりにくい歯並びの悪さや、骨格的な問題などを、きちんとチェックさせていただきます。お子様の歯並びのセカンドオピニオンとして、ぜひご活用ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、松ヶ崎にある医療法人巴山矯正歯科・歯科まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_0120-566-681.png
staff staff blog