小児矯正

お子様の矯正はタイミングが大切です

「もっと早く連れて来て頂けていれば…」というケースも少なくありません

お子様の歯並びが心配な親御様からよく受けるご相談は、「いつから矯正を始めたらいいのでしょうか?」というものです。しかし、歯並びの状態や成長などによっても異なるため、一概に「○歳から始めた方がいいでしょう」とお伝えすることはできません。



しかし、お子様の矯正に関しては、タイミングがとても大切です。矯正を始めるのに適切なタイミングを逃してしまうと、抜歯をともなう矯正が必要になるケースもあります。すぐに矯正を始めるかどうかはともかくとして、まずは一度、お子様のお口の中を診させていただければと思います。



幼稚園の頃から連れて来ていただければ、虫歯の管理をおこないながら、お子様にとって最適なタイミングをはかることができます。これまで当院へお越しになられたお子様の中には、「もっと早く連れて来ていただけていれば、抜歯をせずに済んだかもしれないのに…」と残念に思うケースも少なくありません。



当院では、矯正の無料相談をおこなっておりますので、気軽にご相談ください。適切なタイミングを逃さないように、「まずは一度相談」されることを強くおすすめします。

矯正をおこなっている歯科医院で、一度診てもらうようにしましょう

他院でお子様の定期検診を受けられている親御様には、一度、矯正をおこなっている歯科医院で、お子様の歯並びをチェックされてみることをおすすめします。一般の歯科医院の定期検診では、分かりにくい歯並びの悪さや、骨格的な問題が見逃されてしまうケースがあります。

 

少しでもお子様の歯並びが心配なら、セカンドオピニオンとして当院をご活用ください。一度お子様の歯並びを診させていただいて、矯正する必要があるかどうか・必要ならどのタイミングで始めたらいいのかなどを、お話させていただきます。

お子様の矯正のメリット

抜歯しなくて済む可能性が高まります!

お子様のうちから矯正を始める最大のメリットは、将来、本格的な装置を使った治療(2期治療)が必要になった場合でも、抜歯しなくて済む可能性が高くなる点です。顎の骨が成長過程にあるお子様の場合、歯や顎の骨の成長を利用して歯並びを整えることができるので、抜歯せずに矯正したり、本格的な装置の使用が避けられたりすることが可能となります。

 

虫歯のリスクが低くなります!

矯正で歯並びをきれいに整えると、食べかすが詰まりにくくなり、ケアもしやすくなるので、虫歯リスクが低くなります。矯正は「歯の見た目」のことばかりが注目されがちですが、病気予防としてもとても大切な治療なのです。

 

仕上がりがきれいで、後戻りしにくくなります!

お子様のうちから矯正を始めたほうが、大人になってから始めるよりも、仕上がりがきれいで、後戻りも少ないと言えます。また、2期治療に移行した時でも、治療期間が短縮できる場合があります。

 

大人の矯正では、顎の成長が終わっているので、歯並びだけを整える治療になります。しかし、お子様の矯正では、顎の骨の成長を正しく導くことができるので、きれいに仕上げることができ、永久歯に生え変わった後も、きれいな状態を保つことが可能となります。

お子様の矯正治療

お子様の矯正は、1期・2期治療に分けられます

お子様の矯正では、顎の骨の成長を利用して歯並びの乱れや、噛み合わせの悪さなどを改善していく治療が中心となります。こうした治療を「1期治療」と言い、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在した時期)におこなわれます。



適切なタイミングで1期治療を始めることで、大人になってから始めるよりも、歯並びをきれいに仕上げたり、後戻りを防いだりすることができます。そして何より、本格的な装置を使った矯正(2期治療)が必要になった場合でも、抜歯が回避できる可能性が高まります。

1期治療

通常、乳歯と永久歯が混在している「混合歯列期」におこなわれます。顎の骨の成長を利用して、歯並びの乱れを改善していきます。

2期治療

ブラケットなどの本格的な装置を使った矯正です。通常、永久歯に生え変わった「永久歯列期」におこなわれます。顎の成長が終わっているので、ブラケットなどの本格的な装置を使って歯並びを整えていきます。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、松ヶ崎にある医療法人巴山矯正歯科・歯科まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_0120-566-681.png
staff staff blog